evo (2002)
敷地に対する最大ヴォリュームとして立ち上げられたスティールフレームグリッドにより空中敷地が形成される。
フレームに内包される木造の内部ヴォリュームは、家族及び周辺環境の変化に対応し、
そのフォーメーションを変え、建築は進化し続ける。
House of Evolution




photo by Katsuhisa Kida
展覧会:JIA(日本建築家協会)展覧会(東京2006)
Exhibition:JIA(Japan Institute of Architects)
掲 載:「日経アーキテクチュア」,「egg magazine 03」(台湾),「LiVES 2004 VOL.13」,「MODERN LIVING No.153」,
「賢者のリフォーム」,「男の隠れ家 2004 8月号」,アサヒガラスHP
Publication:「Nikkei Architecture」,「egg magazine 03 」(Taiwan ),「LiVES 2004 VOL13」,「Modern Living No.153 」,
「Kenjya no re-form VOL.1」,「Otoko-no-Kakurega 200408」, ASAHI Glass HP

Selected architecture projectsResidential