エントランスデザインラボ
特別な空間である「エントランス」を、
建築・アート・デザイン・都市の視点から、デザインします。



エントランスホール / ゲート / アプローチ / ファサード / サイン /ほか


[新築エントランス]
デザイン / 設計 / デザイン監修等

[既存エントランス]
状況・予算に応じた リニューアル / バリューアップ / 提案等

参考実例 [大規模マンション 既存エントランスホール 全体バリューアップ]
建築物の既存状況や敷地特性を活かし、物語性を加えたコストパフォーマンスの高い計画(短工期・低予算・高価値)
2011年度グッドデザイン賞受賞
参考実例 [小規模賃貸マンション 新築エントランスホール]
居住者や周辺環境の特徴を捉えたデザイン性を活かし、継続した高入居率を実現
参考実例 [事務所ビルアトリウム アートワーク]
空間全体の特徴や関係性を掴み、一点のアート作品の配置で、既存空間全体を活かす作品
14回KAJIMA彫刻コンクール「金賞」(主催:鹿島建設):日本経済新聞、各種美術誌、業界紙等、掲載多数
参考実例 [大規模分譲/賃貸マンション 既存サブエントランス バリューアップ]
一点のアート作品を既存空間に配置し、印象をダイナミックに変え、賃貸情報のアピール度を高める(短工期・低予算・高価値)
参考実例 [事務所/ショールームビル 既存ファサード バリューアップ]
築古ビルに印象的な庇のデザインを加え、デザイン性を一気に高める(短工期・低予算・高価値)
参考実例 [大規模マンション 新規ゲート]
広大な中庭入口にアートモニュメント的なゲートを配置し、空間に強弱を与え、マンション全体の付加価値を高める


→ その他参考実例は、HP各ページ
  

エントランスデザインラボ EDL

建築の顔である「エントランス」を、建築・アート・デザイン・都市の領域を横断し、効果的にデザインすることを目的とします。新築空間・既存空間共に、現況、周辺環境、予算、工期等により、付加価値の高いもの、コストパフォーマンスの高いものを目指します。
エントランスデザインラボ EDL 代表 齊木慶一 (一級建築士/宅地建物取引士/既存住宅状況調査技術者)

建築家/デザイナー/アーティストとして、様々なエントランスデザインに関わる。また、国内外各地のエントランス事例を調査・考察した論文で、英国キングストン大学空間デザイン学科の卒業論文賞受賞。

pagetop